年代による美容整形の希望の違い

若い女性が美容整形を希望する場合は、今の自分よりもっと美しくなりたいと言う理由からです。二重瞼にして顔全体の印象を明るくしたい、鼻筋を通してすっきりとした顔になりたい、またフェイスラインを整えたりする人も多いです。二重瞼の整形は手術をする前に、デザインやイメージを納得いくまでカウンセリングをします。瞼にも脂肪の厚さや皮脂の量などにより、同じデザインやイメージでも手術の方法も異なりますので、カウンセリングに一番時間を費やしています。瞼の裏を糸で止めるだけの埋没法と言われるものもあり、メスを入れたくない人や、自分で毎回テープやノリなどで、二重瞼を作っていた人に選ばれています。日本人は男女を問わず高い鼻に憧れる人が多く、鼻筋を通す施術も人気です。ポピュラーなのは、プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を挿入する方法です。鼻の中を切開しますので傷跡も分かりませんし、自然な仕上がりなのと、人口軟骨は体内で腐敗することもなく安心ですので、希望者も増えています。メスを入れるのは抵抗がある人や、もっと手軽に鼻を高くしたい人はヒアルロン酸注射でも可能です。しかしヒアルロン酸はゆっくりと体内に吸収されますから、永久的な効果は望めません。1年~1年半くらいで元に戻ってしまいますので、定期的に行う必要があります。中高年の女性が美容整形を選択する場合は、顔の造りを変えて綺麗になりたいと言うより、現状維持や若返りを希望しています。美白点滴を受けたり、レーザーを使ってシミやシワを取り除いたり、糸を挿入してタルミを解消する整形も効果が期待できます。こめかみや耳の後ろなど、目立たない部分の皮膚の一部を切開し、皮を引っ張り上げる美容整形は満足度が高いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です