美容整形による利点と問題

美容整形とは、人体の機能上の欠陥や変形の矯正ではなく、美意識に基づいて人体の見た目の改善を行うことです。人には、胸が小さい、目が小さいや脂肪が気になるなどの様々なコンプレックスがあり、それを美容整形によって解消することができるようになります。メスを使って手術をするものから、注射などの美容医療、簡単に行えるプチ整形などさまざまな手法があります。シリコンを入れて胸を大きくしたり、プラセンタやコラーゲンなどを入れてシワを解消したり、骨を削って顔を小さくしたり、特殊な糸を使ってたるみを治すなどの方法を使いさまざまな部分が手術が可能です。また、健康保険で治療できるものもあり、ワキガ手術や禁煙外来、顎変形症の外科的矯正治療が必要な場合や逆さまつげや目の開きが悪い症状が重度であるとき、更年期障害や肝機能治療、巻き爪、ほくろの除去などの場合には保険が適応されるケースもあります。このように美容整形は自分の気になる部分を解消することができますが、イメージ通りになるとは限らない、失敗するとさらにコンプレックスになってしまう、場所によっては手術ができない、術後一時的に痛みを感じる場合がある、基本的に高額であり、経験の少ない医師もいるなどの問題があることも理解しておくことも大切です。見た目の美しさを得るには自分でできる努力を行うことが重要で、限界がきてどうしてもコンプレックスを解消したときにプロの手を借りるのも一つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です